さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年09月27日

3ヶ月。



私のブログを続けてごらんいただいているかたには、もうおなじみですね。
久しぶりの登場です。
えさとりこちゃん改めえさとりおくんです。

この3ヶ月間、ずっと気になっているのに、
ずっと書けなかったことを今日は書こうと思います。




えさとりおくん、通称とりっちょです。
この写真は、6月13日に撮ったものです。

痩せているでしょう?
毛並みがボソボソになっているでしょう?
たくさんのねこを見ているかたには、もうおわかりだと思います。
末期の猫エイズの症状です。

以前から一度、病院へ連れて行きたかったので、何度もチャレンジしてみましたが、
結局は触らせてももらえず、捕獲することができませんでした。

無理に触ろうとすると、ご飯を食べに来なくなってしまうからです。

最後にとりっちょを見たのは、私の誕生日の夕方でした。

いつものように家の前の駐車場で座っていました。
「おばちゃん、これからお出かけするから、夜においで。夜においでね。待っててね。」
と声をかけました。
それが、とりっちょと交わした最後の言葉です。

なんであの時、家に戻って、ご飯をあげなかったのでしょう。
なんで、とりっちょのしんどさに気がついてあげなかったのでしょう。

その日以来、とりっちょの姿は見なくなりました。



とりっちょは、どこにいるの?このコたちに聞いても返事はありません。



とりっちょに、おばちゃんが心配してるって伝えてね・・・と、このコたちにお願いしても、
なしのつぶてです。

とりっちょがいつご飯を食べにきても良いように、
そして、あのおばちゃんのところへ行けばご飯が食べられるってことを忘れないように、
このコたちにはずっとご飯をあげ続けています。

でも、もう3ヶ月が過ぎました。

先日、うさ父がぽつりと言いました。
「とりは、もう死んだのかな・・・。」と。
「そうかもしれないね。」と返事をしたら、涙がぽろぽろこぼれました。

とりっちょが死んだことは、なんとなくわかっていました。
ただ、認めたくなかっただけなのです。
でも、それはとりっちょのためではなく、私のエゴですね。
もう気持ちの整理をしなければいけないのかもしれません。

私への戒めのため、虹の橋を・・・など、きれいごとの慰めは不要です。
とりっちょが天国で元気に走り回っていることだけを祈ってあげていただけませんか。

とりっちょ、あなたの気持ちが全然わかってあげられなくてごめんね。
とりっちょのこと、大切にしてあげられなくてごめんね。
とりっちょと一緒に遊んだこと、いっぱいお話ししたこと、忘れないよ。

最後に、元気だったころのとりっちょの姿を見てあげて下さい。



一度で良いから、抱きしめて、なでなでして、いいこいいこしてあげたかったです。
暖かいベッドで眠らせてあげたかったです。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ねこのこと)の記事画像
初盆。
立冬。
ごめんね。
ほんと?!
募ります。
デビュー。
同じカテゴリー(ねこのこと)の記事
 初盆。 (2015-08-16 16:31)
 立冬。 (2011-11-08 18:53)
 ごめんね。 (2010-09-12 16:42)
 ほんと?! (2010-01-26 22:56)
 募ります。 (2009-12-08 22:37)
 デビュー。 (2009-11-29 17:13)

この記事へのコメント
初めまして・・・
読んでて切なくなりました。
うちも慢性腎炎で2匹亡くしてます。
死の間際は引き戻すのに必死で看病しました。
今はあっちの世界で仲良くやってると思います。
今は2代目のコンビがいます。
精一杯の愛情を注いで上げてます・・・
初代が見守ってくれてると信じて手を合わす毎日です。
良かったらうちのブログも見てやってください・・・
「せなとやまとと羊蹄山」で検索してみてくださいね。
どうぞよろしくお願いします^^
Posted by よっちゃん at 2009年09月27日 18:14
☆よっちゃんさんへ
こんばんは♪はじめまして。
ようこそいらっしゃいませ。
こんな悲しいエントリーのときにコメントをいただいて
ありがとうございます。

よっちゃんさんちにも、にゃんこがいるのですね。
そうなんです。
にゃんこは、死の間際でも、必死で呼びかけると、
何度かは戻ってきてくれますよね。
先代のにゃんこちゃん、きっと感謝していますよ。
ありがとう♪大切にしてくれて、ありがとう♪
でも、今は、そのコたちを大切にしてあげてね。
私たちの分もね。
そう言ってるような気がします(=^・^=)

我が家の猫なら、強制的に病院へ連れていったりできるのですが
とりっちょの場合は、よそ様の猫だったので難しいですよね。

はい!是非伺います。
こちらこそ、よろしくお願いします<(_ _)>
Posted by うさぎ♪ at 2009年09月27日 20:48
うさぎさん、こんばんは☆
とりっちょ、きっと幸せだったと思いますよ。
こんなに心配して、心を配ってくれる人がいたんですもの。
誰にも知られず、ひっそりと旅立つ子も多いんです。
でも、ここでこうやって、とりっちょの事を書かれたから、
皆さんもとりっちょのこと、心に刻めたと思います。
とりっちょは、立派に野良さんの猫生を生きたのですよ。
今生でうさぎさんと出会えたとりっちょ。
来世でも、きっとね。
そして、その時は元気な体でうさぎさんに会いにくると思います。
とりっちょ。頑張ったね。強かったね。
君はとっても立派だったんだよ。
そう言ってあげたいです。
Posted by 家主です。 at 2009年09月28日 00:02
☆家主さんへ
こんばんは♪
うわぁ~ん!!家主さん、ありがとうございます<(_ _)>
本当にそう思って下さいます?
私、来世でも、とりっちょに会えますか?
とりっちょとみのりとけんたろうが、元気いっぱいに
一緒に遊ぶ家を作りたいです。

とりっちょのこと、誉めて下さって、ありがとうございます。
本当によく頑張ったのですよぉ(T_T)

ただね、うちにご飯を食べにくるようになってからは
元の飼い主さんが、とりっちょを見放してしまったみたいで
私のせいで、とりっちょは帰る家がなくなったのです。

とりっちょは、どこで息絶えたのかわかりませんが
ちゃんとお葬式もしてもらっていないと思います。
元の飼い主さんのおうちのお庭からカラスがいっぱい飛び立つと
余計なことまで考えてしまいます。
不憫なコだったような気がして・・・。

とりっちょが、きっと幸せだったと家主さんが言って下さったので
その言葉を信じて、自分の気持ちを整理したいと思います。
本当にありがとうございました。
Posted by うさぎ♪ at 2009年09月28日 18:35
読んでいて涙が出そうになりました。
覚えていますよ。
最初はみのりちゃんのえさを取っちゃう悪い子だと
思っていましたが、だんだんかわいそうな子なんだなと
しっかり生きてもらいたいと思っていました。
私もうさぎさんの優しさが伝わって幸せだったと思います。
今頃お空の上からうさぎさんに笑顔でお礼を言ってくれている気がします。
Posted by さっち at 2009年09月28日 22:28
とりっちょですね~、私も覚えてますよ~。
私も、とりっちょは幸せだったと思いますよ、うさぎちゃんの愛情、伝わってたと思います。
実は、私も、以前の住まいで、みーちゃんと言う子猫を可愛がってたけど、(楽天の日記書いてた頃で、写真にものせたことがありますが)
一階で、家に入ってきて餌まで食べるのに、窓を閉めると大鳴きで、どうしても飼い猫にできず、
その後、今の住まいに越す時に、
みーちゃんが大鳴きしないで、捕まえられないので、どうしても一緒に連れていけませんでした、
私達が引っ越した後、みーちゃんが知らずに餌を待ってたらどうしようと心配したり、かわいそうだったり、
無責任な自分が、恥ずかしかったです。
こんな私に比べたら、うさぎちゃんは、とりっちょに、できるだけのことを、ちゃんとしてあげたと思いますよ~
でも、お気持ち、お察ししますよ~。
してあげたいのに、できないことって、切ないですよね~。うまく言えないけど、お察しします。
Posted by May at 2009年09月29日 00:53
☆さっちさんへ
おはようございます♪
とりっちょのこと、覚えていて下さって、ありがとうございます。
みなさんのコメントを読むと涙が出てきます。

そうですね。
ちょっとドアを開けっ放しにしておくと、勝手に家の中に
入ってくることもありました(笑)
それなのに、なんで触らせてくれないんだろう?と
悩んだこともありました。

とりっちょ、お空の上で笑っていますよね(=^・^=)
私へのお礼は良いから、とりっちょが幸せでいてくれますように☆
それだけが、私の願いです。
Posted by うさぎ♪ at 2009年09月29日 05:46
☆Mayちゃんへ
おはようございます♪
Mayちゃんもとりっちょを覚えていてくれたのね。
ありがとう。

みーちゃん、きっと今も元気でいますよ。
また誰かがMayちゃんの代わりに、ごはんをあげています。
Mayちゃんのお部屋の前で、ご飯を待っているみーちゃんを
想像すると切なくなるけどね。
でも、みーちゃんは、お外の暮らしが気に入っていたのかも・・・。

動物に対して責任を持つって難しいですよね。
とりっちょにご飯をあげることも、無責任だったのかもしれません。
今も駐車場に来る猫たちにご飯をあげていますが、いつか
市役所かどこかから罰せられる・・・と父が言います。
でもね、あのコたち、駐車場の塀の向こうへ帰るんです。
帰る家があるのです。
野良ちゃんじゃないですよね。
それで私が罰せられるのって、なんかおかしいですよね!?
Posted by うさぎ♪ at 2009年09月29日 05:47
うさぎさん、おはようございます。
何度も何度も読みましたが、気の利いた言葉が出てきませんでした。
それで、出おくれたのです。ごめんなさいね。

お気持ち、とーっても良く分かります。
慰めるつもりではないのですが、相手が家猫でも、人間でも、
必ず後悔はします。
あのときもっとこうすれば、こんな風にすれば良かったのにと、
もうキリがありません。
それはたいてい、もう間に合わなくなってから際限なく浮かんできて。。
もし、「わたしはじゅうぶんやった。後悔はない」と言う人がいたら、
お目にかかりたいですよ。
うさぎさんがお辛いのは、とりちゃんをそれだけ好きだったからです。
でも、とりちゃんのお顔を見てやって。
わたしには、うさぎさんが大好きというように見えるのです!
あ、いつものひとだ。いつも声をかけてくれるお姉さんだ。
このひと、僕(わたしかな?)好きなんだって言ってる顔です。
きっと、その記憶のまま、今も元気で駆け回っていることでしょう。

わたしにも、精一杯手を差し伸べられなかった子の思い出がいくつかあります。
でも一番可愛かったときの記憶を大切にしています。
その方が、いつかお空の向こうで再会したとき、すぐ分かるでしょ?
とりちゃん、ひとりで良く頑張ったね。偉かったね。
うさぎお姉さんは、あなたが大好きだったんだよ!!

野良ちゃんたちに見えるけどおうちがあるのですか?!
もしそうなら、なんちゅう飼い主じゃ。
ご飯をあげてるひとが罰せられて、捨てたひとや放置している飼い主は
罰せられない。間違ってますよ。
Posted by ねじっこ at 2009年09月30日 08:06
☆ねじっこさんへ
こんばんは♪
いいえ。
いつコメントをいただいてもありがたいです。
本人が深刻に悩んで書いたエントリーほど
ゲストの皆さんにとっては、
コメントしにくい内容だったりするものです。
ねじっこさんのブログに比べると、信じられないくらい
コメントが少ないでしょう?
弱小零細ブログです(笑)

そうですね。
相手が人間でも動物でも、必ず後悔が残りますね。
祖母のときも、母のときも、けんたろうのときも
九官鳥のキューちゃんのときも、いつも後悔ばかりです。

家の中にみのりがいて、家の外にとりっちょがいました。
仕事から帰ると、家でみのりにご飯をあげて、
外に出てとりっちょにご飯をあげて、
出たり入ったりしていました。
妻にバレているのに外に愛人を作って不倫をしている
甲斐性のない優柔不断な夫みたいな気分・・・と
自嘲気味に言ったことがありました。
それが結構、父に堪えたようで・・・(笑)
そんなこともありました。

とりっちょは、私のことが好きだったのでしょうか?
そう思ってくれていたらうれしいです(^^)
それだけでとりっちょと出会えてよかった♪と思います。

この駐車場の塀の向こうのおうちのかたが、
父や私に会うと深々と頭をさげるようになりました。
そういう問題じゃないと思うのですが・・・ねぇ・・・。
ねこたちは、今日も、この塀の向こうに帰って行きました。
Posted by うさぎ♪ at 2009年09月30日 22:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3ヶ月。
    コメント(10)