さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年02月11日

間人カニの宿『とト屋』

2月7日~8日、京丹後市間人町へ間人カニをいただきに行って参りました。

「間人(たいざ)」って読めませんよね。
私もテレビなどで取り上げられるようになってから、ようやく読めるようになりました。

「死ぬまでに一度は行ってみたいよね。」なんて友人と話していたのですが、こんなに早くに行けるなんて!!と感激です。

私の退院祝いとして連れて行っていただいたのですが・・・。
実は、友人の永年勤続のご褒美で友人の会社からご招待していただいた旅行だったのです。

祝ってもらうのは私ではなく、友人なのです(笑)
真面目に働いてくれてありがとう。
私を連れてきてくれてありがとう。


お宿のロビーです

間人の言われを簡単に書きますね。

聖徳太子のお母さん・間人(はしうど)皇后が蘇我氏と物部氏の争いを避けて、この地に身を寄せていました。
のちにこの地を去るにあたって、お世話になったお礼に自分の名前をこの地に贈ったそうです。
ところが住民は「間人(はしうど)」と呼び捨てにできず、皇后が「退座」したことにちなんで「間人(たいざ)」と読み替えて地名とした・・・と伝えられているそうです。


ロビーに飾られていたお雛様です


間人から40キロ以内(だったっけ?)の港で獲れるカニだけを「間人カニ」と呼ぶそうです。
獲れてから短時間で帰港するので、生きたままの新鮮なカニです。


お部屋のある建物の入り口です




階段の踊り場などには、ちょっと気になるものが飾られています


お部屋に向かう廊下です


お部屋に案内されて、まず気が付いたのは、カニのお宿にありがちな独特の匂いが全くありません。
もちろん、食べたあとも、お部屋にも、あれだけカニを触った手にも匂いが残っていません。


窓の外に見える防風林の向こうは日本海です


お座布団には「対座(たいざ)」の文字が・・・


お部屋でお食事をいただいたあと、手早く片付けて、お香を焚きながら、丁寧にお布団を敷いて下さいます。

お客さんの目の前で片付けができるって、従業員教育に自信がある証拠だとお見受けいたしました。

「とト屋」さん、素晴らしいお宿です。


ここから先は食べ物の写真ばかりです。
よろしければ、ごらん下さい。


お食事の前に、お部屋にカニを持ってきて、お料理の相談をさせて下さいます

カニ、めっちゃ重いです。
持ち上げると暴れます。
こわいです。


お刺身とばい貝の和え物です


カニのお刺身です 
花が咲いたようになっています
カニの甘味がよ~くわかります、美味~!


焼きガニです
緑色のタグが間人カニの目印です


七輪の上で焼きます
香ばしい香りが・・・。
足はちょっと淡白で、甲羅みそは、それぞれに味が違って、これもまた美味しいです!


ゆでガニです


食べやすいように切り分けて下さいます
ゆでガニ、美味しいです!


カニの天ぷらです
もったいないので生のカニではなく、別でオーダーしたものです


お鍋にするカニです


カニの足はしゃぶしゃぶでいただきます
おだしもカニも、めっちゃ美味しい!


地酒の飲み比べをいただきました
お水が美味しいから、美味しいお酒がたくさんあります


地酒のどぶろくもいただきました
ちょっと炭酸が強めです


お鍋のあとには、雑炊ですね
この雑炊、カニの身やカニみそがたっぷりで、めちゃうま!です
おなかいっぱいでも、食べてしまいました


デザートは黒糖のアイスです
優しい甘さでさっぱりと美味しいです




翌日の朝ごはんです
朝から贅沢です


朝食のあと、ロビーでコーヒーをいただきました
こういうカップ&ソーサーを見ると、また陶芸の虫が・・・


帰りの網野駅です
前日は、まったく降っていなかった雪が、こんなに積もっていました

カニ、お酒、カニ、お酒、カニ、お酒・・・のミルフィーユ状態でおなかいっぱいになったら、そのまま寝たいねん!と、毎年、冬になったら言っています。
それが間人カニでできたのですから、ひとつ夢は叶った・・・と思って良いのでしょうね。

なにもかも、どれもこれもが、めちゃくちゃ美味しかったです。

女将さんがおっしゃる通り「日本一のカニ」でした。

居心地の良いお宿で、美味しいカニを堪能して、なんとも幸せな旅でした♪


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(うさぎのえさ)の記事画像
記憶が・・・。
うさぎの夏2014 その3
久々の志津鮨♪
遅ればせながら・・・。
ご報告。
今さらながら(笑)
同じカテゴリー(うさぎのえさ)の記事
 記憶が・・・。 (2015-08-02 17:43)
 うさぎの夏2014 その3 (2014-08-17 16:07)
 久々の志津鮨♪ (2013-11-21 21:50)
 遅ればせながら・・・。 (2013-09-16 20:06)
 ご報告。 (2013-09-08 16:50)
 今さらながら(笑) (2013-09-02 19:41)

この記事へのコメント
間人町  普通は読めませんね 
間人町の由来を勉強してまたひとつ頭が良くなった気がします
まあ・・いつまで記憶に残っているかが問題ですけど(笑)

これだけのカニ料理と美味しいお酒 恋の道なんてのも写っていますよ
充分堪能し るんるん気分でお帰りしたようですね。
宝くじが当たったら?? 一度は「松葉カニ」を食べてみたいものです。
Posted by 鰊曇り at 2013年02月11日 13:18
私も先日。
テレビで観なかったら、読めなかったと思います。

うさぎさん。
これ、ぜ~んぶ食べたの?
とても退院したての人には思えませんよ。

良いお友達。たくさん、いらっしゃいますねぇ。
それも、これも、うさぎさんのお人柄かな?
Posted by いしだま at 2013年02月11日 13:54
おおっ、これが噂の間人ガニですか!
血統書のようなタグが付いているんですよね。
やはり地元で採れたものは新鮮で
甘みもあって格別でしょう!
私も一生に一度はこんな贅沢してみたいです。
でもこんなに食べれるかな?
Posted by さっち at 2013年02月11日 17:29
こんばんは~^^わあ、素敵な所で美味しそうなカニ三昧でしたね。
お雛様や、飾りもとっても素敵だわ。

うさぎちゃん、たくさん見せてくれてありがとう。
お友達にも、感謝です^^

うさぎちゃん、ここに書いてもいいかしら?
お時間がある時に、よかったら私のアメンバーに申請をしてもらえますか?
まだ、限定記事もないし、書く予定は今の所ないのだけど、
実は、ブログを再開した時から、考えてたことがあって、
限定記事は、以前からのごく親しいお友達だけにアメンバーさんになってもらおうと思ってるの。
よろしくお願いします。
Posted by Coko at 2013年02月11日 21:21
☆鰊曇りさんへ
おはようございます♪
でしょう?間人町は読めませんよね。
網野の駅から送迎バスで20分ほど・・・。
静かで、とても良いところでした(^^)

間人町の由来を披露した私ですが、これも
お宿の女将さんからの受け売りで・・・(笑)
お部屋に本が置いてあったので、
ちゃんと読んでくれば良かった・・・と
反省しております(>_<)

「恋の道」は宮津のハクレイ酒造のお酒ですね。
ハクレイ酒造のお酒は美味しいので大好きです♪
どこかで見かけられたら、ぜひ召し上がって下さい。
Posted by うさぎ at 2013年02月12日 05:30
☆いしだまさんへ
おはようございます♪
そうですよね。
何かで前知識がないと間人は読めませんよね。

それがねぇ、いしだまさん。
今回ばかりは、ワタクシ、ギブアップしました(笑)
「もうあかん」「もうおなかいっぱい」の連続で・・・。
悔しいけど、かなりの量を友人に譲りました(;_:)
でも食べられなくて残しても、ちゃ~んと
お雑炊や翌日の朝食に出して下さいます(^^)

はい。ありがとうございます。
ネットでも実生活でも周りの人に恵まれています(*^_^*)
Posted by うさぎ at 2013年02月12日 05:31
☆さっちさんへ
おはようございます♪
そうなんです。
このタグには間人港のお船の名前が書かれています。

私が行った日もかなり海は荒れていました。
冬の日本海で漁をするのは大変なお仕事ですね。
漁師さんも少ないようです。

さっちさんには食べられない量だと思います(笑)
でも、お部屋にカニを持ってきて下さったときに
量や料理のご相談もできるので調整できます(^^)
ぜひいらして下さい♪
Posted by うさぎ at 2013年02月12日 05:34
☆Cokoちゃんへ
おはようございます♪
ちょっとした置物に気配りを感じる素敵なお宿でしたよ(^^)
それにね、この日の宿泊客は私たちだけだったみたいで
なにもかもひとり占めよ~(笑)
ほんと、友人に感謝です。

さっそくアメンバー申請してきましたよ♪
申請を受け付けてない旨が書いてあったので
いいのかな?と思いながら・・・。
あとはよろしくお願いします<(_ _)>

そうそう!携帯、iphoneに変えた?
LINE、しませんか?
番号、以前と変わっていないのなら招待状を送るのだけど・・・。
Posted by うさぎ at 2013年02月12日 05:37
間人カニ、初めて聞き見しました。
見た目、ズワイですよね。
かにづくし・・・魅力的です。
同じ茹でカニでは正直飽きるのですが、、生で良し、煮て良し、焼いて良し・・・美味しい所をあらゆる方向から堪能しましたね。
決して安くはないお宿、お客が求める以上にサービスを提供することって大変なことなのに、また行きたくなるほど行き届いた接客ぶりだったのではないでしょうか?
お金を払う価値って実はそこなんですよね。
ニセコ界隈にもそんなお宿ありますよ~♪
近い将来是非いらしてくださいね!
もしいらしたら、さむさんと襲来しますので・・・
Posted by よっちゃん at 2013年02月13日 22:04
☆よっちゃんさんへ
おはようございます♪
はい。ズワイガニです(^^)
ズワイガニは獲れる地域によって、呼び方が変わるようです。
越前ガニとか松葉ガニとか・・・だったかな?

日本は「サービス」にお金を払う意識が低かったんですよね。
それでも最近はホスピタリティを重視するお店も増えて、
お客さん側の満足度も高くなっているようです。
かたちあるものを売るわけじゃないので難しいと思うのですが
「さすが」と「なるほど」の連続で喜ばせていただきました(^^)
ほんと、また行きたいです♪

ニセコに行くときは、あちらこちらを泊まり歩くので
長い旅になりそうですよぉ!
それでも良いですか?(笑)
Posted by うさぎ at 2013年02月14日 08:36
うさぎさん。
事後報告になってしまうのですが・・・
私のHPにリンクさせて頂きました。
もし、ご迷惑だったら削除しますので、言ってくださいね。

もう一度、画像じっくり見て
よだれ垂らしてる、わたくしでございます。
間人カニ・・・食べて見た~~い!
Posted by いしだま at 2013年02月15日 21:31
☆いしだまさんへ
おはようございます♪
いしだまさん、とってもうれしいお話しをありがとうございます<(_ _)>
リンクしていただけるなんて、久しぶりのことです♪
迷惑だなんてとんでもないです。
ありがとうございます(*^_^*)

間人から現実の生活に戻って1週間・・・。
今すぐにでも、また行きたいくらい、美味しいことづくめの2日間でした(^^)
私もよだれたらしてます(笑)
Posted by うさぎ at 2013年02月16日 08:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
間人カニの宿『とト屋』
    コメント(12)