さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2014年08月31日

うさぎの夏2014 その5



↑これは私をここまで大きくしてくれた(笑)ちらし寿司です。

毎年、おせち料理を作って下さるお店のちらし寿司です。

父の50年来の友人でもあり、今は我が家の隣人でもあります。

私が幼いころから中学生を卒業するまでの間、月に一度、父のお給料日には、このちらし寿司が届いていました。
母と私にはちらし寿司で、おばあちゃんには盛り合わせです。
冬には、茶わん蒸しも届いたりしました。
本当に月に一度のお楽しみでした。

こちらのお店が8月24日を以ってお店をたたまれました。
父とは開店当時からのお付き合いなので、お店の歴史も50年になります。

8月23日と24日は、昔なじみのかたや常連さん、懐かしいかたもお見えになってお別れ会のような賑やかな2日間でした。

23日にご挨拶を兼ねてささやかな贈り物をお持ちしたとき、久しぶりにちらし寿司をいただきました。

食べているうちにいろんなことを思い出して、つい涙がぼろぼろとこぼれてしまいました。

お母さんがいて、おばあちゃんがいて、私がいて、このちらし寿司を食べていたころに戻りたいなぁ・・・と。
父はお酒を飲んでは失敗ばかりしていたけれど(笑)みんながそろっていたあの頃に戻りたいなぁ・・・と。
つくづく思いました。

泣きながらちらし寿司を食べる私を父は笑って見ていましたが「月に一度のごちそうやってん。」と言うのが精いっぱいでした。

もうひとつ、お話ししておきたいことがあります。


父の知り合いでもあり、私の先輩でもあるNさんが8月5日、56歳で亡くなりました。

奥さんのお話しでは、8月3日のお昼前「なんかしんどいわぁ」と言いながらシャワーを浴びたそうです。
お風呂から出てきて「やっぱりしんどいわ。」と座り込んでしまったそうです。
「ちょっと横になるわ。」と言って休んでいたそうですが、しばらくして「おかしいわ。なんか。救急車呼んでくれ。」と言われたそうです。
救急車のなかで救急隊員のかたが手足を動かせたり、名前を言わせたりしていたそうですが、Nさんは自分で「手とか足とちゃう!頭や!頭!」と自分で言ったそうです。

そのあと、痙攣が起こり意識がなくなりました。

意識が戻ることなく8月5日に亡くなりました。


若いころは、このあたりでも有名なワルでしたが、大人になってお父様の会社を継ぐようになってからは、本当に良く働き、良く勉強されていました。

どこで会っても、どこで私を見つけても、車の窓をフルオープンにして大きな声で「〇ょ~こ~!」と呼んでくれました。

クラクションを鳴らすと周りの人を驚かせるし、誰を呼んでるのかわからないから・・・との気遣いだったそうですが、その大きな声で呼ばれるのは、とても恥ずかしいことでした(笑)

以前、勤めていた会計事務所を辞めなければいけなくなったとき、私の友人が経営する居酒屋で偶然に会ったことがあります。
私の友人からある程度の話しは聞いていたのでしょうが「〇子、お前、いじめられて辞める若いヤツ、守るために上に盾ついたんやてなぁ。お前、親父に似て、ええ性格しとんなぁ。女にしとくのもったいないで。」と言ってくれたことがあります。
「全然、そんなんちゃうで!そんなカッコええ話しとちゃうで!」と言ってるのに「いや、お前はそんなヤツや。親父に似とんねん。」と言って笑っていました。
ええ。私よりも父との付き合いのほうが長かったので、父のことも良く知っていました。

私のことよりも父のことを誉めてもらったみたいで、自分の退職勧告のことなど飛んでいくほどうれしかったことを覚えています。

ほかにもたくさん思い出はありますが・・・。

そのひとが、もう今はいません。


明るくて、楽しくて、厳しくて、お金もあって、見栄えもよくて、女性にモテるかたでした。
美しい奥様がいるのに、新地の女のひとに子どもを作って認知して・・・。
奥様との間の子どもさんは、みなさん、立派に独立なさって、お孫さんもいらっしゃいます。

豪快な人生だったと思います。

亡くなったときのお顔は笑っていたんですよ。

「いつもひとりで勝手に好きなことしてるひとやったから、ひとりで勝手に死んでしまったわ。でも、本人が一番、死んだと思ってないかもなぁ。」と奥様がおっしゃっていました。


毎年のように異常気象と言われ、今年も各地で豪雨による被害があり、多くのかたが亡くなったり、不自由な避難生活を強いられています。
人間を助ける立場の盲導犬が人間に傷つけられたり、腑に落ちないな事件も多いです。


今年の夏は、私にとって、つらくて寂しくて悲しい夏でした。

夏が終わるまでに書いておきたかったので、今日、書いておきます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(いろんなこと)の記事画像
ひえぇ~!
先週のいろいろ。
祈り。
えべっさんへ。
迷信好き!?
あと3日。
同じカテゴリー(いろんなこと)の記事
 ひえぇ~! (2014-02-09 09:52)
 先週のいろいろ。 (2013-12-09 23:15)
 祈り。 (2011-03-13 22:22)
 えべっさんへ。 (2011-01-10 09:29)
 迷信好き!? (2010-12-26 18:15)
 あと3日。 (2010-10-25 06:16)

この記事へのコメント
北海道の地方都市でも、老舗のお店が
いろいろな理由から、閉店していっています。

その時は気づきませんが、出会ったシーンと同じ場面って
2度とないので、その瞬間を大切にしないといけませんね。
Posted by 熊雄 at 2014年08月31日 15:32
お店のちらし寿司 美味しそうです 子どもの頃から食べていた鮨が
食べられなくなるのは悲しいこと それ以上にご近所の大事な人
長い間ご苦労様でしたと言ってあげたい。
人生長く生きていると苦しいことや楽しいこと、忘れられないことなど
人生いろいろありますね。

「〇ょ~こ~!」と呼んでくれる先輩のような何にでも豪快な人、
ご近所にこのような人が居ると頼もしいですね 急に亡くなると
まだどこかに生きているような気がしてなりませんがご冥福を
お祈り致します。
Posted by 鰊曇り at 2014年08月31日 18:15
☆熊雄さんへ
こんばんは♪
そうですね。
地域、土地柄に関係なく廃業・閉店されるかたは多いです。
高齢化、後継者不足がほとんどの理由かもしれません。
寂しいことですね。

「一期一会」と言う言葉がありますが、
その言葉の持つ意味について深く考える夏でした。
その時、その時を一生懸命、生きるしかありません。
Posted by うさぎうさぎ at 2014年08月31日 22:25
☆鰊曇りさんへ
こんばんは♪
お疲れさまです・・・と労ってさしあげたいです。
このタコや鮪の下にキュウリや錦糸卵が隠れています。
本当に思い出がいっぱいのちらし寿司です。

私も、もう50年以上生きているので
忘れられないことがいろいろたまってきました。
苦しいことや悲しいことも、しっかり覚えておきたいです。

はい。まだ生きているような気がすることもあるのですが・・・。
毎日会っていたわけではないのに、もう二度と会えないのか
と思うとたまらなく寂しい気持ちになります。
太く短く楽しく豪快に生き抜いたのだと思うことにします。
Posted by うさぎうさぎ at 2014年08月31日 22:26
良き人生を歩まれている、うさぎさん...と思います。
悲しいこともそれぞれ皆持っています。嫌なことも
無情な出来事も。そして死ぬときは、みんな一緒。
諸行無常。生々流転...と達観できないのも我人生
かと達観しています。うん?ちゃいますね。(^^;)
良き人に囲まれているのは純朴で素直な人だから
・・・そう思います。
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2014年09月01日 09:41
☆北の旅烏さんへ
こんにちは♪
私は純朴でもなければ素直でもないのです。
ただ、生き方が下手なんです・・・たぶん。
感情が顔や態度に出すぎます。
時として口にも出ます(笑)
ひととの協調性もなく・・・(T_T)
たまに・・・生きていくのがイヤになることがあります。
それでも、親からもらった命なので大切にしなければいけないのですね。
Posted by うさぎうさぎ at 2014年09月01日 18:26
今は色々あるけれど、昔はお寿司といえばご馳走でしたね。
月に一度皆さんでこのちらし寿司を食べれる幸せ
聞いただけで涙が出そうになります。
うさぎさんにとって、この夏は辛い、さみしいことが多かったんですね。
いつどんなことが起こるか分からない人生、
後悔しないように今を大切に過ごさなくては!
Posted by さっち at 2014年09月01日 21:23
うさぎさんたら、また美味しいもの食べて!って
下まで読んでいったら・・・・・
ちょっとぐすんとしてしまいました。

さっちさんが書かれていますが
私が子どもの頃はお寿司なんて中々食べられませんでした。
父が飲んで帰って来るとき、帰りにお寿司の折をひとつ持って帰ってきます。。
遅く帰って来て、子どもたち起こされて
みんなでその折りを分け合って食べました。

「つらくて寂しくて悲しい夏」も
もう少しで終わります。終わらせましょうね。

夕べ何度もコメ書いたのだけど、書込押しても失敗でした。
今日はどうかな?
えいっ!!!
Posted by いしだま at 2014年09月01日 23:01
☆さっちさんへ
こんにちは♪
そうですね。昔は、お寿司がごちそうでしたよね。
持ち帰り寿司とか回転寿司ができてからは、かなりお手軽になりました。
月に一度の贅沢だったんです(^^)
母もこの日はうれしそうで・・・(笑)
寒い季節は父が帰ってくるまで、茶わん蒸しが冷めないように
ストーブの上の鍋のお湯に漬けていました。

そうなんです。
本当に、いつどんなことが起こるかわかりませんよ。
はい。今を大切に・・・ありのままに・・・です。
あ!あの曲は歌っていませんよ(笑)
Posted by うさぎうさぎ at 2014年09月02日 15:43
☆いしだまさんへ
こんにちは♪
あら・・・いしだまさんもコメントできませんでしたか?
さぽろぐさん、最近、どうなっているのでしょうね。
お手を煩わせて申し訳ございません。

いしだまさん、一緒にぐすんとして下さって、
ありがとうございます<(_ _)>

そうですよね。
お父さんのお土産はお寿司の折でしたよね(^^)
こちらのお店のおかげで、私はお寿司を食べる機会に
多く恵まれていたと思います。
私の誕生日のケーキもこちらのお店で作ってもらいました。
それも3段くらいのお寿司のケーキを・・・。
なのに反抗期には「いつでも、なんでも、お寿司ばっかり!」と
文句を言ったことがあります。
ダメですよねぇ(T_T)

気軽にいつでも、一人でも行けるお寿司屋さんがなくなって
本当に寂しいなぁ・・・と思います。

はい。もう9月になったので、気持ちを切り替えないと!
あとは退職に向かってまっしぐらです(笑)
Posted by うさぎうさぎ at 2014年09月02日 15:43
あとちょっと。あと6日?
色々、引継ぎ事項とかしているところかな?
もう。まった!!はないんでしょうね?
Posted by いしだま at 2014年09月19日 10:53
☆いしだまさんへ
おはようございます♪
レスが遅れてしまいましたm(__)m

出勤日は、あと3日になりました。
引き継ぎもほとんど終わりました。
あとはUSBメモリーに書き残しているので、
それを見てもらえばわかるようにしています(^^)

延長されることは、もうありません。
でも、私が辞めることがそんなに気に入らないの?と
聞きたくなるほど嫌がらせを受けます。
だったら、私が辞めなくて良いように配慮してくれればよかったのに・・・。
自分は何もしないのに、違う結果を求めるひとたちばかりです。

楽しいことを見つけて、なんとか最後までちゃんと勤めようと思っていますが
精神的なダメージは大きいです。
Posted by うさぎうさぎ at 2014年09月21日 06:55
気になっていましたが最後まで嫌みな職場ですね。

あと数日・・
あと一息です、爽やかな気候になってきたころと思います
しっかり充電期間をとって持ち前の元気さを取り戻してください。
Posted by 鰊曇り at 2014年09月23日 07:27
☆鰊曇りさんへ
こんばんは♪
はい。あと2日ですよ(^^)

本当に・・・最後まで嫌味な職場です。
TOPが嫌味だから、そうなるのでしょうね。
この職場で信頼できるひとは一人もいなかったな・・・と思いました。

無職になるのは不安ですが・・・(笑)
また、父にも心配かけてしまいますが・・・(>_<)
しっかりとした力を蓄えたいです(^_^)/
Posted by うさぎうさぎ at 2014年09月23日 21:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
うさぎの夏2014 その5
    コメント(14)