さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年10月01日

祥月命日。



写真とタイトルが合っていないような気がしますが・・・(笑)

ちなみに我が家は浄土真宗本願寺派です。



母が亡くなって19年が経ちました。

亡くなった日のことは今でも鮮明に思い出すことができるので19年もの月日が流れたとは信じられません。

私は50歳になりました。

母が50歳のころ、私は23歳でした。
働くようになって自分でお給料を稼げることが偉いと思っていたのかもしれません。
一度も社会に出て働いたことがない母のことを「世間知らず」と思っていたところもあったような気がします。
生意気ですね。

でも、当時の私が想像していたよりも世の中は厳しいものでした。
私はなにもわかっていませんでした。

母のように「耐える」こともできず、母のように「ひとにやさしく」もできません。
生涯の伴侶を見つけ、そのひとに尽くすこともできていません。
ひとりっこのくせに両親に孫の顔を見せることさえできていません。

でも、今ならわかることもあります。


父の浮気・・・と言うより女癖の悪さに苦しんでいました。
その女のひとが家に入り浸っていることや、次々に存在したことなどなど・・・思い出しただけでめまいがしそうです。
そんな父の女性問題に悩んでは、いつも台所で泣いていた母の胸の痛みや悩み、少しは理解できるようになりました。

ねぇ、お母さん。
私もおとなになったでしょう?


母の一生を思うと楽しいことなんて、なんにもなくて、つらいこと、いやなことばかりだったような気がしてなりません。
母が「いやなこともいっぱいあったけど、幸せやったよ」
「生意気で、たまに憎たらしかったけど、うさぎを産んでよかったよ」と、どうか思ってくれていますようにと願います。



お母さん、お父さんはね、もう誰にも相手にされなくなったみたいでね。
歳かな?(笑)
お金かな?(笑)

最後の女の人は3年前に亡くなったみたい。

今は毎日、お仏壇のお世話してくれているよ。
私がなんにもできないから「いつもお父さんにしてもらってごめん」って言ったら「これはお父さんの仕事」って言って笑ってるよ。

やっとお母さんのところに戻ってきたんちゃう?
お父さんのこと、もう許してあげてるよね?

ねぇ、まだ、お父さんに会いたい?


私が生きている母の声で最後に聞いた言葉は「お父さんに会いたい」でした。
複雑な家庭の話しをここでは書けませんが、その言葉に母の想いのすべてが込められているように感じます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(家族のこと)の記事画像
お盆休み。
おめでとう。
おめでとう♪
空に向かって。
父の目。
今度は父が・・・。
同じカテゴリー(家族のこと)の記事
 お盆休み。 (2013-08-18 16:12)
 おめでとう。 (2011-03-30 05:42)
 おめでとう♪ (2010-08-18 18:32)
 空に向かって。 (2010-03-30 21:57)
 父の目。 (2010-03-23 21:54)
 今度は父が・・・。 (2010-03-22 16:27)

この記事へのコメント
>私が生きている母の声で最後に聞いた言葉は
 「お父さんに会いたい」でした・・・。

いろんな人生があって。それぞれの想いがあって。
そして歳を重ねていく...のでしょうね。
お母様の最後のひと言に全てが集約されている...
かのように思いました。
いい人生とか、辛いとか。酷いとか・・・。
それもひっくるめての一生なのかもしれません。
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2013年10月01日 10:28
全く違う場所で同じ頃生まれて、所々似たような思いをしてるようで不思議です・・・。
うさぎさんのお母さま、私の母と似てる気がしたもので。
専業主婦でうちの父の尻拭いばかりさせられて、父親像までちょっとかぶってるとこありますね(^_^;
九州の「うさぎさん一家」だったのかもしれません♪
私も孫の顔を見せてあげられていませんが、弟のお嫁さんたちがその辺はたくさん頑張ってくれました(笑)

19年経っても昨日今日の事のように思えるんですね。
私ね、いつかやってくるその日を、この頃少しビクビクする感じで想像するんです。現実味を帯びてきたのかもしれませんが、怖くてたまらなくなる時があります。
喪失感がきっと半端無いというか、その日を迎えた時の自分に自信が持てなくて怖いのかもしれません。
うさぎさんの19年、お話を伺いたいなと心から思います。
うさぎさん、そろそろうさぎさんルームに泊まりにいらして~~!
Posted by うるる at 2013年10月01日 13:27
あら偶然ですねぇ。
家も浄土真宗本願寺派ですよ。

お母様とお父様。
今、毎日仏壇の前でお話しされているのではないでしょうか。
お父様も色々道草したようですが、結局はお母様が一番と思われているのでしょうねぇ。

はい、うさぎさんも立派な大人ですよ。
それも、素敵な大人です。
Posted by いしだま at 2013年10月01日 22:12
☆北の旅烏さんへ
こんばんは♪

そうですね。
いろんな人生がありますね。
十人十色、本当にそうだと思います。

母がもし不幸だったのだとしたら・・・
母を不幸にした原因は父と私にあるような気がします。
父と結婚しなければ、もっと違う人生があったでしょうし
生まれた娘がもっとやさしくてかわいい子だったら
もっと楽しい母娘として過ごせたかもしれません。

今となっては、もう何を言っても「たら」「かも」ですね(笑)
Posted by うさぎうさぎ at 2013年10月01日 22:13
☆うるるさんへ
こんばんは♪
いいえ。なにをおっしゃいます。
うちの家のほうが壮絶ですよ(笑)
うるるさんのお母様のほうが賢明ですし。

今でこそ、みなさんに「うさ父」として可愛がって
いただいておりますが、昔は鬼畜のような父でして・・・(笑)
母にも少なからず非はあると思いますし・・・。
でもね、この二人だからこそ夫婦だったのかな・・・と
思ったりするのです。

うるるさんのご両親もきっとご両親なりの夫唱婦随なのですよ(^^)

「日本で一番短い母への手紙」と言う本を昔、読んだことがあります。
そのなかのひとつが印象深くて・・・。
うるるさんとダブってしまいました。
「お母さん、あなたの死をひとりで乗り越えられるか
自信がありません。」と言うような内容でした。

うるるさん、うるるさんには悲しいこともしんどいこともつらいことも
一緒に乗り越えようと手を差し伸べてくれるダーリンがいます。
なにかの時には私でお役に立てるのなら、このたくましい両腕で
しかと支えますので、ずっしりもたれかかって下さいね。

うさぎ部屋、今は旦那さんのwii部屋でしょう?(笑)
いつでも明け渡して下さいますでしょうか?^m^
Posted by うさぎうさぎ at 2013年10月01日 22:13
☆いしだまさんへ
こんばんは♪

あら、ほんと偶然ですね。
いしだまさん家も浄土真宗本願寺派なのですね。

そうなんですよね。
お仏壇のお世話を喜んでしている父を見ていると
やっぱり母となにやら話しをしているのかもしれませんね。
「お母さんは食いしん坊やったから、お供えは毎日変えてね!」
と言ったら、ほとんど毎日、違うものをお供えしています。
結構、素直です(笑)

道草ですよねぇ・・・。
母が生きている間に帰ってきてほしかったですよねぇ。

あー!いしだまさん、なんて温かいコメントを・・・。
読んでいて泣いてしまいましたよ。
私、歳ばっかり食って、全然大人じゃないんですよぉ(;_:)
ほんと、素敵な大人にならなければいけませんね。
Posted by うさぎうさぎ at 2013年10月01日 22:21
読ませてもらって胸にじ~んときましたよ。
お母さん、つらいこと、苦しいこともおありだったと思いますが
こんな立派な娘さんがいて、
最後は絶対幸せだったと思われていたと思いますよ。
お父さんも最後はお母さんのところが一番落ち着くんですよね。
って、まだまだ長生きして仏壇のお世話をしてもらわないといけませんが。
でも大人の女性の気持ちも男性の気持ちも理解して許せるうさぎさんって
やっぱり素敵な女性です!
Posted by さっち at 2013年10月02日 21:23
☆さっちさんへ
こんばんは♪
レスが遅れてしまいましたm(__)m

母が・・・母こそが一番の父の理解者だったような気がします。
私では「絶対に許されへん」って言ってることも
母なら「もうええやん。お父さんも反省してはるで。」って
言っているような・・・。
私はまだまだダメです。
素敵な女性、素敵な大人には程遠い感じです。
大人になることって、こんなに難しいことだったっけ?
って母に問いかけますよ。
母の答えが聞こえてくるようでもあり、聞こえないようでもあり。

さっちさん、どうかお元気で、できるだけ長生きなさって下さい。
お嬢さんがこんな寂しい思いをなさらないように。
ご両親が揃ってご健在なことは、なによりも子ども孝行です(^^)

このブログ、何回読んでも私自身が泣いてしまうんですよ(笑)
Posted by うさぎうさぎ at 2013年10月03日 22:48
今日、やっとコメントすることができました。

悲しいです
力づけられるコトバが思い浮かびません。
うさぎさんに言った 最後のお母さんの言葉が胸にしみました。

私の母は19歳の時 長年苦しんでいた病気で亡くなりました
今になると苦しみから解放されて良かったかな?と思うことが
ありますが、当時はとても悲しかった。
母が病弱だったので、子どもの頃から食事の手伝いをしていた
ため食事全般作れるようになったと感謝・・
Posted by 鰊曇り at 2013年10月04日 14:39
☆鰊曇りさんへ
こんにちは♪
鰊曇りさんのお母さまもご病気がちだったのですね。
うちも同じです。
お料理できる男性は人気があるんですよ♪
流行りの最先端ですね(^^)v

お母さま、鰊曇りさんが強く優しくしっかりと生きて
いけるように食事のお手伝いを教えて下さったのですね。
思ったとおりの大人になられたので、きっと安心なさっていますよ(^^)

悲しいと言って下さったことだけで十分ですよ。
私自身が母になにもしてあげられませんでした。
母の想いもあまり聞いていないので、ほとんど想像です(笑)
母はいつまでも父のことが大好きなんですね。
その父は、今日は会社勤めしていてころのお友達と飲み会
だとか言って、大阪の梅田へ出かけて行きましたよ(^^)
Posted by うさぎうさぎ at 2013年10月04日 17:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
祥月命日。
    コメント(10)